« 「ことば」シリーズ−12 | トップページ | 「ことば」シリーズ−14 »

2014年3月20日 (木)

「ことば」シリーズ−13

蒲公英」は

「たんぽぽ」と読みます。

3月20日は、二十四節気

春分です。春の最中夜昼平分

昼と夜との時間は等しくなる。

この日を中日として前後それぞれ3日、

すなわち7日間が春の彼岸である。

この日を境に徐々に昼が長くなり、

本格的な春が始まる。

七十二候では、雀始巣

(すずめはじめてすくう)

「雀が巣を構え始める」

「燕が南からやって来る」

スズメが巣を作り始める時候です。

次の漢字を読んでください。「万能葱」

解答は3月25日に掲載します。

|

« 「ことば」シリーズ−12 | トップページ | 「ことば」シリーズ−14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541695/59236278

この記事へのトラックバック一覧です: 「ことば」シリーズ−13:

« 「ことば」シリーズ−12 | トップページ | 「ことば」シリーズ−14 »